体育家庭教師とは 体育の家庭教師 スポーツ家庭教師 大阪 京都 発達障害 運動 教室 自閉症スペクトラム

トップページ > 水泳家庭教師とは

かけっこ,なわとび,鉄棒,水泳,球技など (対象年齢 1才半~大人まで)

周りの子供と比べると、まだまだかもしれない。けど、わが子にとったら、大きな1歩。

【大阪エリア】
北区,福島区,淀川区,東淀川区,都島区,旭区,城東区,鶴見区,枚方市,高槻市,交野市,寝屋川市,門真市,守口市,摂津市,
茨木市,豊中市,吹田市,島本町,四條畷市,大東市

【京都エリア】
中京区,下京区,南区,伏見区,東山区,京田辺市,宇治市,八幡市,向日市.長岡京市,城陽市, 大山崎町

【動画レッスン/アドバイス/相談】
北海道,宮城県,青森県,秋田県,岩手県,山形県,福島県,愛知県,静岡県,岐阜県,三重県,石川県,富山県,福井県,新潟県,長野県,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県,茨城県,山梨県,群馬県,栃木県,大阪府,兵庫県,京都府,滋賀県.奈良県,和歌山県,岡山県,広島県,鳥取県,島根県,山口県.徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,大分県,佐賀県,長崎県,宮崎県,熊本県,鹿児島県,沖縄県

主な指導依頼&レッスン内容

 
         

1才半〜6才頃までについて

発達障害について

●【1歳半~6歳】小さい時期から少しづつ、運動に慣れていきましょう。

 取り組んでいけば、体力がつき風邪がひきにくくなったり、外遊び・水泳が好きなアクティブな子供に育っていきます。

 「運動が楽しい」っと、思うことが一番の運動の上達の秘訣。

 運動神経は6歳までにほとんど決まるといわれています。それまでに、いろいろな遊びを取り入れながら、運動神経を養っていきます。

 とくに、バランス力、リズム感、重心移動などを力を入れる事をしらない時期にするのが1番自然に身につきます。

小学生以降について

発達障害について

●【小学生~】自分のペースで取り組み、少しづつ自信をつけていく。

 小学生に入学すると、周りの子が気になり周りの子とできないと、自信がなくなります。自信がなくなると、それに挑戦しようとしなくなってしまいます。

 しかし、少しづつ自分のペースで取り組めばできるようになります。

 体育家庭教師では、一人一人の子供の体力と性格、その日の体調によってレッスン内容を変えて指導を行っていきます。

大人について

ページトップへ戻る
copyright ©体育家庭教師の大阪、京都の個人指導ならくらわんかスポーツ